Home > スポーツ, ひとりごと, 下川, 少年団 > オリンピックが終わって・・・

オリンピックが終わって・・・

「大事な運動会」が終わりました(^^;



これ、娘が言ったオリンピックのこと。



4年に一度のために、自分自身を追い込み、その日に調子を合わせていくことは、並たいていの努力ではできません。



自分自身が、とてつもない努力をしているのに・・・



ほとんどの選手が「感謝」の気持ちを言葉にしていたのが印象的でした。



シンクロの井村コーチ。66歳には見えません!!メダル請負人としては、ものすごいプレッシャーだったと思います。が、老けてない(笑)



井村コーチの「シンクロが好きでやってた子たちを、2年間で一流のアスリートにしあげた」「こんだけ辛い練習に耐えたら、オリンピックでどんな状況でも頑張れる精神力がついた」



って言葉・・・



正直、このコーチの練習は、現代的ではないと思う(^^;



はっきり言って「しごき」(笑)



でもね。



今、一番必要なことなのかもしれない。



「肉体的限界を超えて、精神的限界を知る」ためには。



科学的根拠も、技術的なサポートも十分に整っている状況で、教わる側の選手の「メンタル」が、ついてこれるかどうか。



「しごき」って、言い方悪いけど、自分の限界を超えるには、自分に勝たなきゃいけない。そのときに、一言背中を強く押してくれる言葉があると乗り越えられることがあると思う。



それが「しごき」という愛情の鞭なのね・・・



それを受け入れて努力し続けられる、「高い目標」を持ちつづけられた選手たちの目標設定が、しっかりされていたなぁという印象。



読んでみたい(*^^*)



FB_IMG_1471663880829



そして・・・




憧れの選手を慕って、下の世代がしっかり学んで(教えられて)育ってきている印象が強かった・・・



追われる立場って、自分自身のトレーニングだけでいっぱいいっぱいになるけど、教えていくことで、自分を見直すことができ、かつ自分もさらに上を目指せるようになる・・・



これって、すごく大事なこと。今まで足りなかったことだと思う。



だから、ポンっとタレント選手が出て終わっちゃってたのね・・・



これ、冬のスポーツにも言えてる現象。



このよい流れを、繫いでいって、冬のオリンピック、東京オリンピックにつなげてほしいなぁ・・・



偉そうなこと言いましたが(^^;



その根っこを育てている私たち・・・



私たちも頑張らないとね!!

  1. No comments yet.
Submitting Comment, Give me a second...

Leave a comment

CAPTCHA


Allowed tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
Trackbacks & Pingbacks ( 0 )
  1. No trackbacks yet.