個性


我が家の娘は、フツーの女の子とは少し違います。




という表現が、本来はいけないのでは・・・と・・・




幼稚園の頃、娘は「動きにくいから」という理由で、いつもズボンを好んではいていきました。私も、いつ破くかわからないから、どーぞどーぞとズボンをはかせていました(笑)




しかし、ある日・・・




「〇〇ちゃんは、女の子だからたまにはスカートはかせたら可愛いのに」




と、言われたことがあり(汗)




天邪鬼な私は(笑)それから一度もスカートを着せませんでした(笑)あ、卒園式はワンピースでしたが。




今も、スカートよりズボン、普段着はジャージ(笑)ピンクは自分からは選ばない、靴は毎度青系です。




だからダメじゃないし、娘らしいし、友達に合わせようともしない娘を、むしろ尊重します。流行りのキャラクターのなんだかのバックを一緒にとか、お友達とお揃いの筆箱とか、言われるみたいだけど欲しいとは言わない。一度だけ、友達と同じ「折り紙ケース」が欲しいと言ってきた!それは、透明のいろいろなサイズが入るから欲しいと(あくまでお揃いが良いではない)







そういえば、私も小さいころ誰かとお揃いよりも、自分だけの方が良くて、個性が強かったと思う(笑)




大学時代は、ワンレンボディコンの同級生に逆らうような服装だったし(笑)







「個性」を尊重したいと思うのですが、最近の子どもたちって「個性」が無いというか、「個性」を押し消されているような感じが見受けられて、なんだか寂しいというか、いいのか?これで?という悶々とした気持ちになることが・・・








みんなと同じ方が「いい子」なんでしょうか?




大人の言う事をきいてる子の方が「いい子」なんでしょうか?








人間、一人ひとり個性があります。その個性が前面に出すぎちゃって、集団行動に支障をきたすことがあります。




幼児なんて、それが当たり前だと思っています。そこを、どうこっちに向いてもらえるか、やる気スイッチが入れれるかが大人の腕の見せ所かなと私は思っています。




*実際、なかなかスイッチを入れられず、困り果てることもありますが、そんな時、お母さんの方が悲しい表情をしているんです・・・




「迷惑」なんかじゃないよ・・・




幼児の脳は、まだ自分の気持ちをコントロールする前頭葉が十分発達していない状況。そこを、この時期にいろいろな刺激と経験をさせてあげて、発達発育を見守ることが大事だと私は思っているのですが、なかなか同じような考え方にはならない世の中なんですよね・・・




「こどもの悪いところばかり書かれた日記を返却されると、さすがに落ち込む」




「〇〇ちゃんは、いい子ですよと言われるが、その反動なのか家では手の付けられない位暴れるんです」




「いろんな事に興味を持つ子なんだけど、みんなと同じことをしないって言われて・・・」




などなど・・・




いろいろ聞こえてきて、とても胸が痛い。




もっと、個性を見て伸ばしてあげられないのかなと。




幼少期にこんな我慢させられて、小学校に上がったらどうなっちゃうのか心配。




ただでさえ感染症対策で、いろんなこと我慢させられているのに・・・








介護の世界も、個人を尊重する傾向です。




しかし、押さえつけたり、閉じ込めたりと、悲しい現実を聞くことも多々・・・




子どもも高齢者も「人」です。




支え合って「人」です。




個性が強くても、必要な時にお互い支え合う心があるかどうか。




そこを育てていきたいし、高齢の方々にも、自分に役割があって、お互いが支え合って楽しく生活して欲しいです。




そのために、私が何をしたらいいか・・・まだまだ整理はつきません。

  1. Y子 9月 9th, 2021 @ 13:32 | #-49

    個性は重要。
    でも、日本は「出る杭は打たれる」し、個性を出さない方が良しとする部分も大きいよね。

    幼稚園や学校は「集団行動を身に着ける」というお題目でみんな一緒が推奨されてるんじゃない?

    あと、多分、先生の負担を減らす意味でも「みんな一緒」でいてほしいんじゃないかな。一人ひとり対応をする余裕と能力が先生側にない、つまり先生自らが集団行動第一で教育されてきたから、個に対応するすべを知らないのではないか、という推測。

    日本文化の根っこにつながる部分だから、難しいよね。

  2. reiko 9月 10th, 2021 @ 13:27 | #-48

    Y子さん!こんな小さなころから、うまくやっていく「塩梅」を体得したり、大人の顔色見て行動したりと、なんだか不憫だなぁと(自分があまりにものびのび育っていたのか)。お母さんたちの声も切実で・・・私、娘が幼稚園の時、こんなに悩んでたっけな?とも思ったり・・・いろいろな制約制限が、大人も子供も正常バイアスではないのかもしれませんね・・・そして日本の文化も関わるから、本当に答えは出ないし、ずっと悶々としていくんだろけど、しもかわっこに来ている時は、個性を受け止めてあげたいです。

  3. Y子 9月 10th, 2021 @ 17:33 | #-47

    子供が大人の顔色を見る。。。って、なんか切ないですねぇ。

    でも、それと同時に、「子供を自由に、個性を大事に」っていうと、何の制限もなく(すなわち基本的マナーを守らないといけないという事を教わらず)、「自由・個性」を「勝手気まま」に誤解して成長してしまう子供もいるんじゃないかと心配になる部分もある。

    個性を否定するような学校教育に直面して、では家庭内ではどう対応しているのか、というのも課題だよね。

  4. reiko 9月 13th, 2021 @ 10:28 | #-46

    Y子さん!そうなんです!自由と個性を尊重しすぎるあまり、違う方向に向いてしまう心配もあります。幼児教育(教育って言ってるけどそれでいいのとも・・・)で、我慢を強いられ、大人の考えを押し付けられている感じが心配です。

Submitting Comment, Give me a second...

Leave a comment

CAPTCHA


Allowed tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
Trackbacks & Pingbacks ( 0 )
  1. No trackbacks yet.