Home > ひとりごと > 懐かしい本

懐かしい本


ブックカバーチャレンジなるものが回ってきて、どの本にしようかと本を出してみると…




私が20才になった頃、自分のこれからの道しるべとなった一冊。








私はスポーツに関する栄養士になりたかったけど、その頃はまだ「スポーツ栄養士」となる分野は無く、もちろん大学の研究室も無く…




給食研究室に所属。




なぜ給食研究室だったか…




たまたまこの研究室は、相撲部屋で研究をしていたことがあり、ここへ。でも、相撲部屋では、関取の健康(生活習慣病)を見る研究でした…




教授に相談すると、1人の先輩栄養士を紹介して下さいました。




それがこの本の「金子ひろみ」先輩。




まだ「スポーツ栄養士」の分野が無い頃、自分でスポーツクラブで働き、自分の身体を実験台に、研究をされていました。




そんな偉大な先輩と同じような道をたどり…今に至ります(^-^;




ちょっと、運動に興味が行きすぎましたがね(笑)




  1. No comments yet.
Submitting Comment, Give me a second...

Leave a comment

CAPTCHA


Allowed tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
Trackbacks & Pingbacks ( 0 )
  1. No trackbacks yet.