Home > しもかわっこ, ひとりごと, 下川, 子育て > わくわく冬工作教室

わくわく冬工作教室


ペグソリティアをみんなで作りました!




DSC_2943




教えてくれたのは、下川町でDIYアドバイザーとして活動している山口駿人君








まるで学校の先生みたい(*^^*)








木のクイズから始まって、子供たちは集中して駿人君の話を聞く!




この木は何だろう?という質問に、幼児が多かった教室で…








「しらかば!」




「松?」




「赤蝦夷松!」




「トドマツ!」




と出てくる!出てくる!(*^^*)さすが、しもかわっこ!木育受けてる子供たち。




「よーく見ると、年輪が見えるねー」




「これは集成材って言って、木をぎゅーっと集めて一枚の板にしてるんだよ!」




「この棒はシナノキ」




と、理科の授業みたい(*^^*)子供とやり取りしながら進行。




「この板、なんセンチ幅あるかな?」








と、ここから数学の授業(笑)




初めて定規を持つ幼児に、教えながら、小学生には割り算の勉強(笑)








小学生、いくつ穴をあけるから、なんセンチ幅に印を付けるって計算。








ピンになるシナノキの棒も、なんセンチにカットしたら、何本出来る?と問題に(*^^*)




印を付けたら、大人と協力してカット!








ドリルで穴あけ!!








大人も子供も黙々と集中して作成!




今回のイベント、お父さんの参加が多くて嬉しかったぁ(*^^*)








そして気がつくと…




自然と掃除を始めているちびっこ(*^^*)








拾ってくれてるのねぇ♪




と思っていたら!!(笑)








木屑も子供たちにとってみたら、大事な遊び道具!




すんごいSDGs!!(笑)全ての木材の有効活用!!








出来たよー!と、先生に報告(*^^*)




今回、一見、運動とはかけ離れているようなイベントの立案でしたが、きっかけは、脳血管疾患患者様の手指リハビリでの使用。




DSC_2579




高齢者の脳トレにも活用してます。




子供たちの手指神経系発達に、知育にも良いし、お父さんと一緒に工作出来ることが、とても素敵な時間に!!




家でも、これをきっかけに、一緒に遊んだり工作してくれたら(*^^*)








まだまだ「雑」な仕上がりですが、娘は絵を描きたい!と(*^^*)




なんの絵を描くの?と聞いたら…




「中国の国旗!」




って(笑)




なぜ中国なんだろう?と、次に言ったのは、




「アメリカにする!」




「あ、やっぱイラク!イラクってどんなだっけ?」




と、地球儀をのぞきこむ(汗)




完全に世相が反映しております…

  1. No comments yet.
Submitting Comment, Give me a second...

Leave a comment

CAPTCHA


Allowed tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
Trackbacks & Pingbacks ( 0 )
  1. No trackbacks yet.