Archive for 1月 2nd, 2018

救急対応

元旦より稼働しております。下川ジャンプ少年団です!(^_^;)って、休んでおりませんが(笑)なにか?



で、通常業務の方がお休みなので、毎日ジャンプ台に出勤している状況です(笑)



今朝、いつも通りにジャンプ台に出勤。娘が外にアルペンの板を出しに行くと、旦那が「誰か倒れた!」と!




急いで外に出ると、娘が「お兄ちゃんが落ちた!」と!Σ( ̄□ ̄;)




ランディングバーンにかけつけると、顔面から流血、右肩をしたにした状態で転倒している!!




意識と呼吸の確認をしてすぐ救急要請。担架と毛布を持ってくる指示だし、回りのジャンプ台の使用を止めさせ、救急車が入ってくる道の確保と誘導を子供たちに指示だし。と、ちょうどクロスカントリーのワックスをしていたT田消防所員が駆けつけてくださって、さらに的確な指示!!




救急車が到着し、男性6人で担架で救急車まで運び、15分後にはドクターヘリが到着。旭川の病院へ搬送されました。




冷静に対応は出来たと思うが、いつももっとよい方法は無かったかと、反省するようにしています。



去年、実に4回も救急車を呼んでいます…そういった場面に遭遇しやすいのか?(^_^;)新年早々、今年も呼ぶタイミングに居合わすのでしょうか…でも、その時その時、ベストを尽くせれば!と、今日も思ったのです。




転倒したのは、東京から合宿に来られた方…環境に不馴れだったとも思うのですが、スキルの問題点も…




練習再開し、娘が3本滑ったところで、トイレ休憩していると、肩を抱えて選手がまた…(>_<)




話しを聞くと、空中でバランスを崩して肩を強打したと!Σ( ̄□ ̄;)



見るからに脱臼してる(>_<)



が、コーチが来て「大丈夫だな!外れてはない!」って!Σ( ̄□ ̄;)



私、「脱臼しててもしてなくても、肩を吊ってた方がいいよ」と伝えて、ロンTで応急処置…病院を勧めました。



旦那曰く、結構危険なジャンプをしていたと。




俺だったら、まだこの大きさのジャンプ台を飛ばすレベルではないと思う。と。




あまりのコーチの考え方の違いに愕然。




そういえば、2年前にもこの時期に救急車を要請していました。




他県の合宿が、重なるこの時期、たまたま偶然なのか?それとも無茶をしてるのか…




考えさせられた一日でした。