雪むし


ついにこの子が止まってしまった!!!




目撃情報はあり、自分も「きっと見間違い」と思ってはいた目撃…(笑)




しかし…




止まっていた…




そして撮影してしまった…








この子です…








その名も「雪むし」 




トドノネオオワタムシか?(汗)




水曜からずっと雨予報だし…




一歩一歩冬に向かってます…

ポタリング


お天気が良いから、ちょっと自転車であちこち行ってみよう!




と、ポタリングに♪








風が心地よい(*^_^*)




この日は、午前中に野球の練習をしてから午後のポタリング。




体力有り余ってる娘さん、最初「名寄まで」を提案され、丁重にお断り(笑)




まずは「下糠川橋」まで!








この日上を歩きたい衝動を抑えて(笑)河川敷へ!








このあたりは、まだまだ舗装されておらず、ガタガタ道を楽しむ!








舗装路になるとすいすい!




あーーーっ!なんて雲と空が綺麗なの!




誰にも会わないので、マスク無しで深呼吸!!




ちょっと寄り道!








橋の下にサクラマスが2尾いました。




遡上してるんだなぁ…




さらに西へ!!








実は先週にとある場所まで1人で自転車で行く!と張り切っていたのですが、説明不十分でたどり着けず(涙)




どーしてもリベンジしたい!と、追加で走ることに!!(笑)




あともうちょっとだったんだ!と、次回からはもう大丈夫!と、自信をつけてUターン。




なんだかんだ2時間は乗ってたかな(*^^*)




楽しい秋のポタリングでした。


森へ行くと・・・




!!!




これは!!!








「毒キノコだぁーーーっ!」




と、棒でツンツンする子供たち(笑)




これは、「落葉きのこ」です!!(笑)




しっかり秋です(笑)

教え合う事


いくつか前のエントリーでのコメントに、昔は川で子ども同士で遊んでいたという話・・・




私も、子ども同士で川へ行ったり、海にも行って遊んでいました。




年上の子どもたちが、危険な事を教えてくれて、誰も大きな事故にも合わず、楽しんでいたと思います(大人からしたら危険だったのかな?)




小学校1年生から中学生も一緒に遊んでいたこともあったなぁと。




携帯もない時代・・・子供たちが自然と集まって、みんなで遊んでいたな。




今はどうだろう・・・




同級生同士でも、外で遊んでいる姿を見ないし、危機管理も意識が別なところにあるような気がします。




車や、人に対する注意思考はあると思うけど、自然相手は経験値が少ないんだろうな。








しもかわっこでは、「今日はここへ行きます!」と、ホワイトボードに書いて行くんですが、この日は小学校2年生が年中さんに教えてくれていました。




終わってから、わかりやすいように「こそっと」訂正する6年生も(笑)








蜘蛛の巣にひっかかる!と、上級生が前を歩いて、虫取り網で蜘蛛の糸をとって歩く・・・




こういう姿を小さなお友達は見て、大きくなったらきっとやってくれるんだろうな。








逆に、小さなお友達が遊んでると、真似する小学生!








自然とみんなで遊んでます。








ウッドデッキが落ち葉だらけ!と、みんなでお掃除始めると・・・








3歳の小さなお友達も、できる事を自然と始めます。




どれもみな、自主的です。大人が、これしよう!あれしよう!とは言っていません。ただ見守るだけ・・・困った!と合図を出して来た時に手を差し伸べるだけ・・・








初めて一人ではしごを降りる!




先に降りた小学生が、見本を見せて、次の手はここ!足は!と教えてます。




大人が子どもたちに、この木の実は毒があるよとか、茂みに入るとダニがいるからとかは教えます。そこから、どうするか考えるのは子どもたち。遊ぶことをやめる子、なんとかして触ろうとしたり、茂みに入るにはどうしたらいいか考える子。小さな子に教えるには、どう話したらわかってもらえるか・・・すごく考えている子。




大人もですが、子どもも「異年代」での交流も大事かなと感じます。




感染症予防から、学校では学年を超えた交流はほとんどありません。今まで以上に、異世代での集団行動はありません・・・




無いものを残念がるより、できる事を見つけてコツコツと積み重ねていかねば!と、思うのです。








季節外れの・・・


いきなり春が訪れました(笑)








芝桜・・・(笑)




この周りの葉っぱは、もう枯れています・・・




秋は徐々に近づいてきています・・・

もちプリン


先日行った名寄のイオンのカントリーマムで購入した「もちプリン」








もち米でプリン???




全く想像ができない!




「のびるよ!」




としか聞いていない(笑)








ホントだ!伸びる!!




お味は!




餅!!(笑)味はプリンなんだけど、後味はお餅なんです(笑)




口の中で、餅がわかります!




柔らかい大福のようなプリンなんだけど、最後もちーっとしてます(笑)




食レポ苦手だな!(笑)一度食べてみて!

カントリーマム


名寄のEN-RAYホールの近くで開いているカントリーマムさん。




おにぎりが美味しくて!




名寄のお仕事の後、よく寄らせていただきました。




娘も、ここのタピオカが好きで、ご褒美タピオカでたまに行ってました。




最近なかなか行けなくて・・・




ずっと、ずっと行けて無くて・・・




「イオンでお店出すことにしたの!」という連絡が!!








おーーーーーっ!凄い!








タピオカもあるよ!




ずっと頑張って開発していた、もち米で作った新食感プリンも!








ピザもある!!








ディッピンドッツアイスもあるよ!




そしてレインボーコットンキャンディー!(要は、カラフルな綿菓子)




女子学生が好き!をギュッと集めた感じのお店です!




店主のみやちゃん、一日何時間あるの?ってくらい頑張る方!








名寄の名産品を作ろうと、とっても頑張っている女性!!




もち米粉で作った木彫り型もなか・・・可愛い熊じゃなくて、リアルな木彫り熊を表現したくて頑張ったそう!




もなかにあんこは入っておらず、自分で入れるスタイル!その分、もなかのサクサク感を味わえる!




イオン名寄店でも購入できますが、千歳空港でも購入できるそうです!




凄いなぁ・・・どんどん形にしてるみやちゃん凄い!




彼女、手話もできるので、耳の不自由な方の専用レジもありました!




名寄にひとつ楽しいスポットできました♡

間に合うか?!


朝晩だいぶ気温が下がっている下川です・・・




やっと・・・




やっと!!




花が咲きそう!!








我が家のヘチマです(笑)




やっぱり、苗つくりが遅かったのかなぁ・・・




冬が先か?




受粉して実がなるか??




間に合うか?




始めてのヘチマ。




種採れるかな(笑)

余熱調理


先日、町の薪窯で焼いてるパン屋さん jojoni さんが、素敵な提案をしてくれました。





【薪窯開放のお知らせ】




東京は代々木のパン屋塩見さん。 @shiomi_pain
薪窯の余熱でお客さんの家庭料理を焼くという、窯の一般開放をやっておられます。
それで本で読んだ中世ヨーロッパの話を思い出しました。パン窯のない家庭は、こねたパン生地をパン屋に持って行って焼いてもらってたと。
いいですよねー、その文化憧れます。
だって薪窯をやってて何が勿体無いって、パンを焼いた後の余熱なんですから!




我が家も、パンを焼いたあとは何かしたら窯に突っ込んどくのが定番です。
野菜の下処理、スープに煮物に焼き魚と、鍋が2〜3個並ぶことはざらですが、それでも窯床のスペースはまだまだ余裕。




そこでジョジョニも、この余熱を町のみなさんとシェアしたい!というわけでなのであります。




————————————————




なんて素敵な!!と、すぐ連絡をとり、スキレットに野菜と塩麹で漬けてあった鶏肉を並べて・・・








持って行って2時間かからず・・・




「できました」メール!








おまけの焼き芋も!!











なんて!!




美味しいの!!!




これは病みつきになりそう!




余熱のシェア素敵すぎる!!

ハピネススクール第3期生


4回目の講座でした。








今回は、膝の手術をしたことがある方が2名もいらっしゃって、実体験の話も聞けてとても有意義!わかりやすい!




こちらもとても勉強になります!!




昨年のデータが発表になり、女性の介護の要因の順位が変わりました・・・




男性も女性も認知症が上位を占め、そのあと整形的な疾患が介護の要因なんだと改めて実感。




脳を活性化しながら運動をするシナプソロジーを本当に理にかなってる!!








50歳以降は、1年間に1~2%の筋肉量が減少するんだそう・・・一日体調悪くて寝たきりでいたら、同じく1~2%の筋肉量が減少します!たった一日で同じ量の筋肉量がダウン!!日々の運動の重要性がわかります。




理論と実技を繰り返し、必要な知識と運動を身に着けていきましょう!


あちこちで花が綺麗に咲いています!








これはなんて花なんだろう?素敵だなぁ♪








オシロイバナ!子どものころ、この種を割って、中の白いのをつぶして粉にして、顔に塗ってお化粧ごっこしたんだよなぁ(*^^*)




北海道では自生できない花。おばちゃんが、春先部屋で苗立てして花壇に植えたそうです。




とっても鮮やかな色!キレイ♪




もうすぐマイナス気温が聞かれそうな気温に・・・








花が綺麗な時期もあと少しなのかな・・・




お散歩して、いろいろ花を見つけたいですね♪

ドキドキワクワク


こういうところ歩いていたら、ドキドキワクワクしませんでした?








それも坂になってるから、かなり足がすくわれる感じ!!




久しぶりにやったら、怖いのなんの!!(笑)








子どもにしてみたら、ワクワクドキドキの連続!




どこまでいけるかな?




飛び降りれない高さまで行ってしまって、後悔したこともありませんか?(笑)




それもまた楽しかったりね!




子どもの探求心とチャレンジ精神を、そっと見守ってあげましょう!





日本一周の旅


私もいつかはしてみたい「日本一周」




四国から出発した軽ワゴンが北海道にいました!








東京で5万円で買ったこの車を、徳島の実家まで乗って帰り、自分で車内をDIYして、いざ出発!




四国を回っている最中に故障!!修理代に40万かかったという逸話を聞き(笑)その修理に2ヶ月も要し、出発遅れて北海道に来るまでの間をはしょってきたということです!(この話もYouTubeにアップされてます笑)




彼と一緒に日本一周しているつもりになろう(笑)








このイラストそっくり!(笑)

虫取り


最近のしもかわっこは、お散歩でいろいろな場所へ行って運動あそびをしているのですが、子ども達が自然と「虫取り網とかご」を持参するようになり・・・








井上陽水の曲がBGMで流れてきそう!(笑)








目的地に着いたとたんこれ(笑)








そして走る!








そしてつかまえるの繰り返し!








みんな汗だく!(笑)いい運動です!




月末はマラソン記録会がある小学生。ただただ走るだけじゃ飽きるけど、この日は1時間ずっとこんな感じ!




終わったらみんなで、ありがとう!と言って虫たちとさようなら(数名お持ち帰り)








帰りも歩いて帰ります。




いい運動♪

酪農体験


夏休みに、クラブ活動で参加した酪農体験が、とてもとても楽しかったらしく、またやりたい!と、ずっと言っていた娘。




お友達の家で体験させてもらいました!しかも家族みんなで!!(笑)








いやぁ、むいてるかも!と思った(笑)








勝手知ったる娘は、どんどん動く!びっくりなくらい、自主的に動いていく!








前回できなかった乳しぼりも経験!




*この後、後ろ足でけられる洗礼を受ける(笑)




最後まで仕事やりぬきました!








ハマったのは娘だけでなく、「また来ます!」と元気よく答えたのは旦那であった(笑)








ということで、真剣に臨時の酪農ヘルパーに登録しようかと考えてしましました!




下川の酪農家さん!日程が合えばお手伝いに伺いますよ!




自分をみる、自分をしる


できることをコツコツと続けていきましょう。








自分の身体が何を求めているか・・・




自分の心が何を求めているか・・・










周りがどうこうじゃなく・・・




一番目を向けていかなくちゃいけないのは「自分」




シュウメイギク


この花が咲くと秋だなぁっと思うんです。








我が家には白しかいませんが、淡いピンクも可愛い。








さて、ノースリーブと水着を片付けましょう(笑)

秋の空


秋は空が賑やかです。




雨降ったり、カラットと晴れたりするので、空を見ていると楽しい♡








こんなに素敵な虹が出ることも!




そして、雲が虹色に!!








肉眼だと、もっとくっきりだったのですが・・・








雲の前に低い虹がかかっていました。




これからもどんな空が見れるかな!




個性


我が家の娘は、フツーの女の子とは少し違います。




という表現が、本来はいけないのでは・・・と・・・




幼稚園の頃、娘は「動きにくいから」という理由で、いつもズボンを好んではいていきました。私も、いつ破くかわからないから、どーぞどーぞとズボンをはかせていました(笑)




しかし、ある日・・・




「〇〇ちゃんは、女の子だからたまにはスカートはかせたら可愛いのに」




と、言われたことがあり(汗)




天邪鬼な私は(笑)それから一度もスカートを着せませんでした(笑)あ、卒園式はワンピースでしたが。




今も、スカートよりズボン、普段着はジャージ(笑)ピンクは自分からは選ばない、靴は毎度青系です。




だからダメじゃないし、娘らしいし、友達に合わせようともしない娘を、むしろ尊重します。流行りのキャラクターのなんだかのバックを一緒にとか、お友達とお揃いの筆箱とか、言われるみたいだけど欲しいとは言わない。一度だけ、友達と同じ「折り紙ケース」が欲しいと言ってきた!それは、透明のいろいろなサイズが入るから欲しいと(あくまでお揃いが良いではない)







そういえば、私も小さいころ誰かとお揃いよりも、自分だけの方が良くて、個性が強かったと思う(笑)




大学時代は、ワンレンボディコンの同級生に逆らうような服装だったし(笑)







「個性」を尊重したいと思うのですが、最近の子どもたちって「個性」が無いというか、「個性」を押し消されているような感じが見受けられて、なんだか寂しいというか、いいのか?これで?という悶々とした気持ちになることが・・・








みんなと同じ方が「いい子」なんでしょうか?




大人の言う事をきいてる子の方が「いい子」なんでしょうか?








人間、一人ひとり個性があります。その個性が前面に出すぎちゃって、集団行動に支障をきたすことがあります。




幼児なんて、それが当たり前だと思っています。そこを、どうこっちに向いてもらえるか、やる気スイッチが入れれるかが大人の腕の見せ所かなと私は思っています。




*実際、なかなかスイッチを入れられず、困り果てることもありますが、そんな時、お母さんの方が悲しい表情をしているんです・・・




「迷惑」なんかじゃないよ・・・




幼児の脳は、まだ自分の気持ちをコントロールする前頭葉が十分発達していない状況。そこを、この時期にいろいろな刺激と経験をさせてあげて、発達発育を見守ることが大事だと私は思っているのですが、なかなか同じような考え方にはならない世の中なんですよね・・・




「こどもの悪いところばかり書かれた日記を返却されると、さすがに落ち込む」




「〇〇ちゃんは、いい子ですよと言われるが、その反動なのか家では手の付けられない位暴れるんです」




「いろんな事に興味を持つ子なんだけど、みんなと同じことをしないって言われて・・・」




などなど・・・




いろいろ聞こえてきて、とても胸が痛い。




もっと、個性を見て伸ばしてあげられないのかなと。




幼少期にこんな我慢させられて、小学校に上がったらどうなっちゃうのか心配。




ただでさえ感染症対策で、いろんなこと我慢させられているのに・・・








介護の世界も、個人を尊重する傾向です。




しかし、押さえつけたり、閉じ込めたりと、悲しい現実を聞くことも多々・・・




子どもも高齢者も「人」です。




支え合って「人」です。




個性が強くても、必要な時にお互い支え合う心があるかどうか。




そこを育てていきたいし、高齢の方々にも、自分に役割があって、お互いが支え合って楽しく生活して欲しいです。




そのために、私が何をしたらいいか・・・まだまだ整理はつきません。

草を刈る前に・・・


お天気も良いので草を刈りますか!という前に、「雑草チェック」(笑)




*雑草じゃない!ってお声が聞こえてきそうですが・・・




今回は、「草」が多くて、まだ「きのこ」も出ていなかった!(笑)




ふと足元を見ると・・・








あら!めんこい!




どこから種が飛んできたのかね?




突如と知らない花が咲いている我が家です(笑)




そしてこんなのも!








んー、こちらはあまり嬉しくない(笑)




なにが出てくるか?!お楽しみに!(笑)

森へ!


今月のしもかわっこは、持久力向上を目的に、「遠くへ歩く」をチャレンジ!




みんなが集まるまで、いつもの場所で木登り!








しがみついてる(笑)セミだね~って!








あっ!来たよ!と、みんなが徐々に集まり・・・




「よーい、ドン!」








みんな勢いよく走りだします!








まずはコチラ!








ちょうど森の生活のNaoちゃん作業中、このお花取ってもいい?と子どもたち(*^^*)




すると・・・








みんなセンスあるー!!








素敵!で、寄り道しすぎていたら、タイムキーパーのようなお友達が、




「いくよー!」って(笑)








みんなでぞろぞろ!




入口が見えた瞬間、ダッシュ!








「ちょっとまってー!〇〇ちゃんたちまだだから!みんなで行くよー」




と、声をかける子!








私が何も言わなくても、みんなで一緒に行動してます。








はぐれることもなく、みんな一目散に目的の場所へ!!








不安定でかつ傾斜もある森の中は、歩くだけで自然とバランス能力や体幹の安定性が向上します。うちの子も、よく小さなとき、「放牧」と言って森の中で自由にさせていたなと。








気が付くと、小さな子の手をひくお兄ちゃん&お姉ちゃん!




今回、いつもと違う場所、違う行動をしたことで、子どもたちの個性がよく見れました(*^^*)








こんな高い場所に上ったら、きっと「ワクワクドキドキ」なんだろうなぁ(*^^*)








落ちてた紐を見つけて、綱引きスタート!(笑)




さてさて、帰り道行くよ!と、どの道帰る?と、子どもたちに聞くと、よく知ってる子がこっち!と誘導!








坂道、気を付けてねぇと優しいお姉ちゃん(妹ではありません)








途中で子どもたち・・・








どうした?と、よーく見ると、自生しているブラックベリーをもぐもぐ!(笑)




栄養補給してまたパワー全開!走って戻る!それを追いかける大人!(笑)








素敵なお土産も持って、子どもたちの小さな遠足終了です。








たった1時間。歩いていろいろな経験と刺激を受けて帰ってきた子どもたち。




子どもたちにとっては、いつもの森だけど、一緒に行くお友達が違ったり、行く時間、行き方が変わるとまた行動も違ってくる。




今、何が足りないか、何が必要か・・・そこを導いてあげるのは大人の仕事。




後は、子どもたちが主役です。




子どもたちの方が、素敵な時間の過ごし方、体の使い方を知ってる気がします。




さて、次はどこまで行こうか?

水慣れの重要性


先日、今年はプールでいっぱい遊んだ!という投稿をしましたが、北海道は道北の下川町で2ヶ月びっしりプールに入れたことは、私が北海道に移住してから初めての事でした。




それくらい「涼しい」地域なので、プールや川、海で遊ぶという経験は、本州の子どもたちから比べたら、極端に少ないと思います。(海に行ったら大抵バーベキュー)




ちなみに、旦那は北海道生まれの道北育ち、筋金入りの「スキー一筋」(笑)全く泳げず、海は怖くて入れない人でしたが、今はプールの指導員の資格を取って、夏の短い間、下川の子どもたちに水泳指導もしています。




どれくらい「水に慣れていない」か・・・正直、北海道に移住して、初めて小学生のプール利用を見て・・・「マジか・・・」と、愕然。




昔は、役場職員や父母が水泳をかなり一生懸命教えていた時代があり、そのころの子どもが今は親になっているはず・・・じゃあ自分の子供をプールに連れて行ってるか?と言ったら、ほぼほぼNO。




シャワーの水がかかるのも嫌、いつも顔はタオルで拭いて、頭は親に洗ってもらうような子も、お友達と一緒にプールへ来るんです。




そんな状況をプールの監視の方は知りません。私たちの教室で初めてわかるわけで・・・




毎年そこから始まります。




上手に泳げるようになること・・・学校では、どうしても「評価」があるため、そこを見がちですが、本来「水泳授業」って、子どもの水難事故を減らすために始まったと言われています。




日本の溺水状況は10万人に1、5人〜3人。先進国中、溺水率が高め




すべての溺死は防げる




解決策はある。WHOは、エビデンスに基づく溺死防止策を示し、その詳細な実施ガイダンスを提供している。これらの実施方法は状況によって異なるが、世界の溺死防止コミュニティが一貫して、溺死防止のために実施可能な以下の6つの介入方法を明確にすることが重要である。




1. 水へのアクセスを制限する柵・フェンスなどを設置する。




2. 就学前の子供たちに水から離れた安全な場所を提供し、スキルのある保育士を配置する。




3. 学齢期の子どもたちを含め、基本的な水泳、水の安全、安全な救助方法を教える。




4. その場で救助する可能性のある人に安全な救助と蘇生の訓練を行う。




5. 個人用浮力装置の着用を含む、安全なボート、船舶、フェリーの規則を設定し、施行する。




6.レジリエンス(強靭化と訳される事もある)の構築と洪水リスクおよびその他の危険性の管理。




(出典 World Drowning Prevention Day Guidancefor Organizationsをwww.DeepL.com/Translatorで翻訳したものに著者修正)







水慣れは「幼児」からスタートです。幼稚園の先生だけが担うのはとても大変な事。なので、2に関しては、親の考え方を変える(親も正しい知識をつけて協力して)、私たちのようなスキルを持った人に協力を求めて欲しいと思います。




そして、3、4をたった2ヶ月で教えていかなくちゃいけない・・・ここ重要!




泳ぐことは、おのずとできるようになります。楽しんで水に慣れる事。これが、まず大事なんだと思います。




しもかわっこでは、みっちり「水と遊ぶ」ことをします。「泳いだ方がいい」「泳いでみたい」のスイッチが入ったら早いです!それまではじっと見守る・・・








最初は顔をつけず、水の中での動きずらさ、滑る、水圧、水流といろいろ体感させて・・・








どうやって足を動かしたら動きやすい?水が蹴れる?








徐々に水に近づいて・・・




お父さん犠牲に(笑)楽しみながら水が顔にかかっても、耳に水が入っても、鼻に入っても、焦らず対処できる術を身に着けること。




そこで、親が顔を拭いてあげたり・・・ちがーーーっう!と、すぐ辞めさせます(笑)




自分でできないといけないんです。




2歳の子でも、顔に水がかかったら、自分で顔に手をやります。上手に拭けなくても、自分で拭こうとするんです。それが大事!できた!っていう達成感!




学校のプール授業は、去年はゼロ、今年は1回・・・




学校や幼稚園に求めちゃいけないのではと思います。できないんです・・・




だから、家族で家でも学べるこういうのいいですね!便利!




守ろう!いのち!学びあおう!水辺の安全性




来年は、水のプロフェッショナルスタッフが、タッグを組んでさらにパワーアップする予定!




あー、早く夏来ないかな!(笑)




美味しいスイーツ!


今、一番お気に入りのスイーツです!








時々、ケータのケータリングで販売しています。




オシャレなカフェで、美味しいスイーツとコーヒーを頂くことが、楽しみな私!今はすっかり自宅で自分でガリガリコーヒー豆を挽いて、美味しいスイーツをゆっくりいただく派に!








今までも、いろんなフレーバープリンが出ていましたが、やっぱりプレーンタイプに戻っていた私。




が、このハスカップは違います!!




しかし!!このハスカップはリピーターです!




ハスカップの時期にしか販売されないので、余計にレア感満載(笑)








ソースがプリンと混ざってしまい、ハネ品を下川で販売すると、あっという間に売り切れだそうです!








ちょっと混ざってるくらい、全然いいのに!ってか、沈殿しているのを、下からすくい上げなくても、一緒に食べられるからこっちの方がいい(笑)




東京ではあまり売れないんだという話を聞き、どーーーーーーしてぇ????な、私です!イチオシ!




ハスカップのちょうどい酸味が、プリンをあっさり風味にしてくれて、1個ペロッです!(笑)危険なスイーツでもあります(笑)




値段はコンビニすいーつよりはいい値ですが、カフェで食べる事考えたら全然お安いし、地元の食材でできているから、なお嬉し!




ハスカップは、及川農園さんのですよー!




そして、町内のおすすめスイーツ!美花夢のケーキ!!








シャインマスカットが輝いております!(笑)




志保ちゃんのスポンジケーキも好きなんですが、やっぱりフルーツはタルトですね!




そして、お山のベリーたちがその日によって変わるプリン!








こちらも美味しい!




あと、加藤豆腐店のおからドーナツに、たい焼き屋球ちゃんのたい焼きにあんみつ!




下川は、美味しいスイーツがいっぱい!




食べすぎ?(笑)

種とり


日々、ひまわりと一緒に生活している感じの元気教室の皆さん。




雨が降ったりやんだりのある日・・・




ひまわりの種にネット掛けないと、鳥に食べられる!と、慌ててネットの準備。








みんなで協力して、ネットかけ。




まぁ、その行動の早い事!!!(笑)




今までに見たことがない素早さ!(笑)




皆さん欲が出てきて、最初は2種類から取ったらいいって言ったのに、結局ネットかけたの6本!!




来年どれだけ増やすつもりかね?(笑)

夕食当番


「夕飯作るよ!」




と、言ってくれる娘。




「時間がないから」とか、「材料がないから」とかいろいろ理由をつけて、一人でさせなかったのですが、先日ついに!一人で全部やると(汗)




何作るのかと聞くと、




「クレープ!」




(汗)




夕飯です・・・




でも始めましたよ!








時々、どーするの?こーするの?と質問が!




ずっとそばで見ていたい気持ちもグッとこらえて、任せる。








ツナ缶とゆで卵が出てきて、サラダクレープね!とホッ(笑)








見よう見真似でできるもんだなぁ!




結構な量の生地が焼きあがりましたよ!(笑)




具が無くなり、クリームチーズだけで食べたり、それだけで食べたりで、かなりおなか一杯に!




少しずつ、みそ汁とか卵焼きとか教えていこうかな。